clear

clear

アンケート サイトマップ お知らせ

HOME > 事業内容 > システム開発

システム開発


経験豊富なスタッフがお客様のニーズに柔軟に対応し、ご満足いただけるシステムをご提供いたします。

  • 特徴1

    システム開発をどの工程からでも、お客様のニーズにお応えし、対応いたします。

  • 特徴2

    最適なハードウェアとソフトウエアをご提案いたします。

  • 特徴3

    豊富な開発実績と開発スキルで、プロジェクトを成功に導きます。

  • 特徴4

    オフショア開発を意識せずにコストダウンできるサービスをご提供いたします。


特徴1システム開発をどの工程からでも、お客様のニーズにお応えし、対応いたします。

開発工程

● 開発パターン1

(例) 企画 > 要件定義 > 設計 > 製造 > テスティング > 運用テスト・移行 > 保守・運用

お客様の経営戦略、ビジネス戦略、経営環境等をコンサルティングから、運用・保守まで一貫してご提供いたします。

● 開発パターン2

(例) 要件定義 > 設計 > 製造 > テスティング > 運用テスト・移行

実践したいことがはっきりしているお客様に対しては、企画、提案書を基にしてシステム化の実現性の検討からお手伝いいたします。

● 開発パターン3

(例) 設計 > 製造 > テスティング

お客様の要件定義に基づき、ソフトウェア作成をご提供いたします。

※ 開発パターンは一例です。

特徴2最適なハードウェアとソフトウェアをご提案いたします。

機器選定から、運用や指導、そしてメンテナンスまで責任を持って対応します。
また、市販パッケージ(生産管理・販売管理・会計・人事給与…自治体関連)との連携、カスタマイズ、アドオン等、お客様が使いやすく高効率のシステムを提案いたします。

コストの面においても、さまざまなベンダーを取り扱えるため、機器を適材適所にて構成し、コスト削減を可能にします。

特徴3豊富な開発実績と、開発スキルでプロジェクトを成功に導きます。

開発・導入したシステムは日本全国、さらには海外でも稼働しております。

【開発・導入実績の分類】
監視制御 製造/FA 物流・倉庫 運輸・交通 施設管理 情報・基幹 自治体・文教

開発・導入実績ページ

さまざまの業種・分野に対応し、国家資格・ベンダー資格等の高い技術資格取得に基づく技術力を活かしたシステム開発を行っております。

【資格情報】
情報処理技術者資格 ベンダー等資格 システム開発経験 …等
【業種・業務】
情報・通信業 銀行 パルプ・紙 製造業 海運 自治体…等
人事給与 会計 基幹業務系 製造 設計 販売管理 車両管理 官庁行政 …等
【保有スキル】
Windouws(サーバー/クライアント) Solaris Linux Android…等
COBOL FORTRAN C C/C++ Visual C++ Java JavaScript .NET…等

資格情報/業種・業務/保有スキルページ

特徴4オフショア開発を意識せずにコストダウンできるサービスをご提供いたします。

オフショア開発とは?

オフショア(offshore)は「国外の」という意味を表します。つまりオフショア開発とは受注したソフトウエア開発案件を日本国外で開発するという意味になります。ソフトウエア開発を海外で行う場合、海外の日本向け窓口を持っているベンダーもしくは海外にある子会社に委託するケースがほとんどです。

当社のオフショア開発の経緯

当社は、2002年1月に中国中軟グループの日本向け開発拠点である大連中軟軟件有限公司との基本契約締結を基に、 大連・北京に当社開発センターを設立しました。2004年7月には北京に本社を、 大連に支社を置く北京亜数富士信息系統有限公司を設立して、 海外分散開発型システム会社としての機能を強化しました。

当社のオフショアの特徴

一般的なオフショア開発の問題点 当社における解決方法・手段
言葉や文化の違いによるコミュニケーション不足 日本語教育、日本語能力試験の資格取得制度等で日本語能力向上を向上を図っている
仕様書の内容から要求している仕様の行間がうまく伝わらない TV会議、Web会議、IP電話による打合せ、レビューを実施
サーバーやデータベース等の開発・検証環境をプロジェクトを開始する度に構築しなければならない VPNによるセキュアなネットワークを介して、ADF側の開発・検証環境を利用
仕様の理解ミスにより品質が悪く、品質に関する意識が低い 当社のQMSに基づいて、共通のQCD管理のもとで開発作業を実施
QCD管理者を置き、ADFと共通のQCDチェックシートを活用しQCDを確保
仕様書等のQ&Aや課題管理等による負担が増加し、コストメリットが出せない プロジェクト管理ツール「APM」を活用し、Q&A管理や課題管理を効率的に実施
離職率が高いため、毎回最初から指導が必要となる リーダー、BSEの離職はほとんどなく、安定的で継続的な体制を維持
中国ソフト会社最大大手の「中国軟件与技術服務股份有限公司」より優秀な人材を出向

開発のインフラ

社内インフラ(IP電話、TV会議等)を充実させ、分散開発での円滑なコミュニケーションを実現しております。

社内インフライメージ

プロジェクト管理ツール(APM[Asu Project Management])

当社は、オフショア開発のポイントである、日本−中国間の情報連携(要求の伝達、課題の共有、疑問点の会社等)を、 プロジェクト管理ツールを用いて、効率よく、シームレスに対応しております。

プロジェクト管理ツールAPM(Asu Project Management)とは一般的な、課題管理やQ&A管理はもちろんのこと、 プロジェクト定期点検や納品時のチェックリスト、プロジェクトの実行計画/評価等のPDCA活動を支援するシステムです。
また、プロジェクト毎の個人目標設定/評価機能等の目標管理機能も有していますので、中国サイドの人材育成/評価にも効果を発揮しています。


【プロジェクト管理ツールの主な機能】

アサインリスト(要員計画) ・要員調節、プロジェクトアサイン状況の共有化
プロジェクト実行計画および評価 ・プロジェクト計画/評価
・プロジェクトにおける個人の目標を設定および評価
プロジェクト点検 ・プロジェクトの開始時、随時点検
・プロジェクトの終了時のプロジェクト点検
・日本サイド、中国サイドを交えての事前対策
レビュー記録 ・設計レビュー、ソースレビューなどの記録を管理及び共有化
納品管理 ・出荷前チェック及びリーダーの承認
その他の機能 ・購買管理、リスク管理、Q&A管理、懸案/課題管理、
 議事録管理 等

image image image

ページトップへ