clear

clear

サイトマップ お知らせ

HOME> 中小企業・小規模事業者様へのご案内

中小企業・小規模事業者様へのご案内(2020年度IT導入補助金 導入支援事業者に採択)

令和2年度補正予算:新型コロナウィルスス感染症緊急経済対策関係が4月7日に閣議決定


1.雇用の維持:資金繰り対策(経産省)

  • 日本政策金融公庫:実質無利子・無担保・既往債務借換
  • IT活用促進資金:情報技術の普及・変化に関連した事業環境の変化に対応するための情報技術の活用の促進を図る中小企業者を支援(IT関連設備を取得するための設備資金および長期運転資金)

   ※ 詳細は、日本政策金融公庫のHPをご確認ください。

2.事業の継続:事業継続に困っている中小・小規模事業者等への支援(経産省)

  • 中小企業生産性革命推進事業において、感染症の影響を乗り越えるための前向きな投資を行う
  • 事業者を対象に、補助率等を引き上げた特別枠を設置
  • ものづくり補助金・持続化補助金・IT導入補助金

3.働き方改革推進支援助成金(テレワーク)(厚労省)

  • 新型コロナウイルス感染症対策としてテレワークの新規導入に取り組む中小企業事業主を支援

そのお悩みをITでお手伝いします。

スマートSMEサポーター企業である当社が、生産性向上や業務効率向上に必要なシステムの構築おいて、セキュリティなどの専門的知見と数多くの納入実績を基に、ITシステムの導入や経産省のIT補助金の申請をお手伝いします。お気軽にご相談ください。

※ スマートSMEサポーター企業とは、経済産業省が創設した、中小企業にITツールを提供するITベンダー等を『スマートSMEサポーター』として認定する制度

Smart SME Supporterマーク

こんなお悩みありませんか?

悩み事製造業・建設業・林業・卸売業・小売業・運送業・サービス業・保育業…等の皆さまのお悩みを解決するお手伝いを行います。

例1:現場作業者の労働時間管理や安全管理を行いたいけどどんなふうにシステムを構築したら良いのかわからない

例2:IoT・AIを導入して生産性向上を図りたいけれどどんなふうに導入したら良いのかわからない

当社スマートSMEサポーターのサポート内容

相談コーナー (DXセンター内)

ITコーディネーターやスマートSMEサポーターが、お客様の個別課題に対応します。ITを活用した新たな価値の生み出し、ITを活用した課題の解決等、お客様に合ったITを無料で調査し、実証実験やIT補助金についての支援を行います。

体験ゾーン (DXセンター内)

IoT・AIやRPAなどのソリューション事例と実際に稼働するICTでデモンストレーションします。

共創スペース(準備中)

お客様と会話を重ね、お客様とご一緒に、お客様固有の潜在的な課題やあるべき姿を探索します。

当社の支援実績

2019年度

・ものづくり補助金:1件
・IT導入補助金:1件

2018年度

・IT導入補助金:7件

生産性向上や制度変更への対応に取り組む中小企業者が利用できる補助金・助成金をご紹介

生産性革命推進事業では、ものづくり補助金、小規模事業者持続化補助金、IT導入補助金の3つの補助金をご用意しています。従来の補助金からの変更点として、通年での公募となるため、十分な準備をした上で、都合の良いタイミングで、申請・事業実施が可能です。(締切日は複数回設けられます。)
今般の新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、生産性革命推進事業では、サプライチェーンの毀損等に対応するための設備投資・販路開拓や、事業継続力強化に資するテレワークツールの導入などに取り組む事業者に対し、加点措置等を講じます。具体的には、各補助金公募要領をご確認ください。

中小企業生産性革命推進事業の拡充内容

ものづくり補助金

中小企業等が行う革新的なサービス開発・試作品開発生産プロセスの改善に必要な設備投資等を支援します。

持続化補助金

小規模事業者が経営計画を作成して取り組む販路開拓の取組等を支援します。

IT導入補助金

中小企業等が行うバックオフィス業務の効率化や新たな顧客獲得等の付加価値向上に資するITツールの導入を支援します。特別枠はハードウェアも対象。

【補助上限額】
・一般型 1,000万円
・グローバル展開型 3,000万円
・ビジネスモデル構築型 1億円(いずれも下限100万円)
【補助率】
・[通常枠]中小企業1/2
・[通常枠]小規模事業者2/3
・[特別枠]一律2/3
【電子申請が必須】
・補助金申請システム(Jグランツ)による電子申請
【公募】
・4次:締切令和2年11月26日
・5次:締切令和3年2月頃
【事務局】
・ものづくり補助金事務局
【紹介サイト】
・ものづくり補助金
【補助上限額】
・[通常枠]50万円
・[特別枠]100万円
【補助率】
・2/3
【公募】
・3次:締切令和2年10月2日
・4次:締切令和3年2月5日
【事務局】
・全国商工会連合会
・日本商工会議所
【紹介サイト】
・持続化補助金(全国商工会連合会)
・持続化補助金(日本商工会議所)
【補助上限額】
・30万円〜450万円
【補助率】
・[通常枠]1/2
・[特別枠]2/3
【公募(通常枠・特別枠)】
通常枠
・8次:締切令和2年10月2日
・9次:締切令和2年11月2日
特別枠
・7次:締切令和2年10月2日
・8次:締切令和2年11月2日
【事務局】
・一般社団法人 サービスデザイン推進協議会
【紹介サイト】
・IT導入補助金

補助事業特別枠(4月内決定予定)の内容

2020年度補正予算案では、補助対象経費の1/6以上が、次の要件に合致する投資であることが申請要件となります。

申請要件1:サプライチェーンの毀損への対応

顧客への製品供給を継続するために必要な設備投資や製品開発を行うこと

例:部品調達困難による部品内製化、出荷先営業停止に伴う新規顧客開拓

申請要件2:非対面型ビジネスモデルへの転換

非対面・沿革でサービス提供するためのビジネスモデルへ転換するための設備・システム投資を行うこと

例:店舗販売からECへのシフト、VR・オンラインによるサービス提供

申請要件3:テレワーク環境の整備

従業員がテレワークを実践できるような環境を整備すること

例:Web会議システム、PCなどを含むシンクライアントシステムの導入

厚生労働省:助成金の紹介

テレワークの導入・実施に関して、以下の取り組みをいずれか1つ以上実施した場合に費用が助成されます。

【取り組み】

  • テレワーク用通信機器の導入・運用
  • 就業規則・労使協定等の作成・変更
  • 労務管理担当者に対する研修
  • 労働者に対する研修周知・啓発
  • 外部専門家によるによるコンサルティング

厚生労働省の助成金

働き方改革推進支援助成金
(テレワークコース)
申請は終了しました

【助成金】
上限150万円(達成時)
【補助率】
3/4
【募集】
4月1日〜8月12日
【事業期間】
交付日から6ヶ月
【助成対象】
謝金、旅費、借損料、会議費、雑役務費、印刷製本費、備品費、機械装置等購入費、委託費 等
【詳細】
厚生労働省サイトの助成金詳細ページへ

新型コロナウイルス感染症対策
テレワークコース助成金
申請は終了しました

【助成金】
上限100万円
【補助率】
1/2
【募集】
2月17日〜5月29日
【事業期間】
2月17日〜5月31日
【助成対象】
謝金、旅費、借損料、会議費、雑役務費、印刷製本費、備品費、機械装置等購入費、委託費 等
【詳細】
厚生労働省サイトの助成金詳細ページへ

お問い合わせ先

お気軽にご相談ください。

【お電話からのお問い合わせ】
 エイデイケイ富士システム株式会社 DXセンター 担当:DX相談室
 電話:018-838-1173

メールフォームからのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ

ページトップへ