企業情報

社長メッセージ

己を尽くす

 当社は、1982年の設立以来、地方分散型ソフトベンダーとして、時代が求める情報化に貢献する「IT技術者集団」を標榜し、常に進化する技術にチャレンジし、国や自治体、そしてあらゆる産業の システム構築を経験し知識と技術を吸収しながら、企業活動を推進してまいりました。

 今般のCOVID-19のような感染症や気候変動などによる大規模災害、少子高齢化に伴う人口減少など、私たちが暮らす社会は、様々なリスクを伴う困難な時代を迎えております。

 これからの変化の激しい時代に向け、日本社会は、単なるデジタルの導入ではなく「真に社会に役立つデジタル(Digital)活用による変革(Transformation:Ⅹ)」を実現し、未来をひらき、そして未来へつなぐことが必要になってきています。

 私たちは、地域の情報産業の担い手として、情報技術による「ものづくり」をベースに、デジタルトランスフォーメーション(DX)により、様々な課題の解決や付加価値創造を提案・実現できる「会社、そして人」で在りたいと考え、「DX戦略(Realization of DX)」を策定いたしました。そして、2021年に、私たちの10年後のあるべき姿として2030Vision「『持続可能で未来的なライフスタイルを楽しめる社会を作り出す』企業でありたい」を掲げました。

 私たちは、デジタルイノベーションを積極的に活用し、お客様や社会のニーズを基に製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、自ら業務プロセス、企業文化・風土の変革を実践いたします。そして、その経験知を活かし、お客様や地域社会のVision達成に資するデジタルトランスフォーメーション(DX)実現に貢献いたします。

 これからも、経営方針にあるとおり「高度な総合技術力を備え、社会が必要とするシステムの実現を担う企業を目指し」、「地域社会の情報化と活性化、持続性社会の実現に貢献する」企業へ成長できるよう努力してまいります。

 引き続き私たちの事業活動に一層のご支援を賜りますようよろしくお願い申しあげます。

エイデイケイ富士システム株式会社
代表取締役社長 齋藤和美