サービス

コンテナターミナル総合システム

複数のターミナル運営会社の共同運営に対応した、コンテナターミナル総合システムです。港湾業務とのシームレスな情報連携や保税業務の統合化もお任せください。 必要な情報を、セキュアに一元管理。また、作業重機や蔵置計画の最適化、待機時間の最小化など、増加するコンテナ取扱量にも効率的に対応可能なソリューションも備えています。他にも港の利便性を向上させる機能が満載です。

特徴

01

港湾業者とのシームレスな情報連携

港湾業者自社システムとの間をシームレスに結び、全体的な物流スピードを落とさないシステムを構築。

02

ターミナル業務効率のための
新たなソリューション

増加するコンテナ取扱量にも新たなソリューションで作業効率、荷捌き効果を向上。

03

保税業務の統合化

既存顧客である港湾業者の基幹システムのノウハウを活かし、保税業務、ターミナル管理業務を統合化。

04

港利用者へのサービス向上

港利用者への情報サービスを強化し、港の利便性を向上。

機能概要

機能概要

機能説明

コンテナターミナルに必要な情報をセキュアに一元管理

◎YCS(Yard Control System) ヤードコントロールシステム
セキュリティー分割された港湾業者のそれぞれの基幹システムと連動し、本船動静や輸出入コンテナ情報を共有します。 また、様々な視点での統計レポートや情報照会が可能です。

最小コストとなるコンテナ蔵置、適切な作業重機計画を立案

◎YPS(Yard Planning System) ヤードプランニングシステム
本船輸出入情報、ゲート搬出予約情報、ブッキング情報と連携し、船卸・船積・搬入・搬出が最小となる蔵置計画、適切な作業重機の計画を行います。

作業の伝達ミスや誤認識を防ぎリアルタイムに連携

◎YOS(Yard Operation System) ヤードオペレーションシステム
重機オペレータは、端末に送られた作業指示に従い作業を行い、作業実績を端末より入力します。計画外の作業追加や変更にも随時対応できます。
タブレットを利用し情報を入力することで、作業の伝達ミスや誤認識を防ぎ、リアルタイムに状況を把握することが可能です。

ゲート受付の混雑、待機時間を最小化

◎TGS(Truck Gate System) トラックゲートシステム
Web搬出予約と連携し、ディスパッチオーダからのバーコード読取りにより、ゲートの混雑、待機時間を最小化します。また、コンテナのダメージ情報、重量、シール番号の入力や、定型EIRや搬入票を印刷します。

ヤード内コンテナ蔵置位置をリアルタイムに表示

◎YLV(Yard Location Viewer) ロケーション表示システム
ヤード内の状況をリアルタイムに表示できます。大型ディスプレイを利用し、コンテナ蔵置位置の移動や、荷役指示等オペレーションに関する殆どの情報表示・管理が可能です。また、船舶の入出港、積載情報もサイネージ表示可能です。

Sea-Naccsと自動連携し、多重化する事務手続きを排除

◎NGS(Naccs GateWay System) Naccsゲートウェイシステム
Naccs専用回線を介し、本システムとEDI送受信を自動連携する事で、二重入力の排除し、タイムリーな税関処理を行います。

代理店業務に必要な船舶情報や輸出入情報を一元管理

◎SCS(ShipAgent Container System) 代理店コンテナシステム
港湾業者が船舶情報・輸出入情報を登録し、ターミナルシステムにおいて、一元管理が可能です。

活用事例

秋田港:2012年4月稼働(取扱量71,171TEU)

引用:秋田港取扱量:2021.11.01 秋田県HP 秋田港コンテナ取扱量(2020年速報)

酒田港:2018年4月稼働(取扱量36,018TEU)

引用:酒田港取扱量:2021.3.10 山形県HP 令和2年酒田港の取扱貨物量について(速報値)

動作環境

動作環境

サーバ

DBサーバ Windows Server / Oracle
Naccsゲートウェイサーバ Windows Server
Webサーバ Windows Server / Apache Tomcat

クライアント

クライアントPC Windows 10 Professional / Microsoft Excel 2016以降
重機車載端末 Android OS